日本人は本当は『糖質制限』しないほうがいい!?in大阪

日本人は本当は『糖質制限』しないほうがいい!?in大阪

 

日本人って糖質制限をしないほうがいい??そんな事を聞いたことはないでしょうか??実は面白い情報があります。近年ダイエットは糖質制限のブームです。当ブログでもダイエットの種類は2つだけというブログを記載したことがありますが。その糖質制限が日本人には不向き???そんな馬鹿な話があるか!!!とも思いました。

公式ページはこちらをクリック

昔飛脚がおにぎりと漬物を持って江戸→京都間を走り回っていたのですが、その飛脚を見て外人がおにぎりだけではエネルギーが足りない!と思い、肉を食べさせたそうです。ですがすぐにバテタそうですぐにおにぎりに戻したという有名な話があります。

やっぱり日本人は米が食事として必要なのかと思いますが、この話で着眼点は肉を食べて、すぐにバテタという点です。理論は簡単です!糖質はすぐにエネルギーになります。運動ですぐにエネルギ―になる糖質が飛脚に必要だったということです。そして肉を食べてなぜすぐにバテタのか。肉はタンパク質と脂質などで構成されてます。エネルギーは糖質と実は!脂質からも作ることが出来ます。ですが脂質は1手間を加えてエネルギーになります。その1手間のロスが飛脚がバテタ原因になったのと思われます。

ですのでこの話だけでは日本人が本当に糖質制限が向きか不向きかとは言い切れません。ですが糖質は大切ということは分かると思います

公式ページはこちらをクリック

次に戦後の日本の話と今の私たちの食生活についてですが例えば、同じ食事量を食べてたとします。戦後の日本はどんな食事をしていたかご飯とみそ汁と魚など一汁一菜スタイルです。ここで気付いてほしいのが食事の殆どがご飯=糖質ということです。

ですが、今の世の中ほど太っている人は多くありませんでした。ですが同じ量を食べている現代のほうが太っている人は多いわけです。

近年の糖質制限ダイエットからすると相反する現象となっております。ここに、矛盾が生じませんか??ご飯食べても痩せてる。

現代の考えはご飯『糖質』食べてるから太る。

おかしいですね。ではなぜこのような事が起こっているのか結論から申しますと。同じ食事の中で3大栄養素だけで見ると『糖質』『脂質』『タンパク質』この割合で現在は脂質の割合が激増しています。これが現代の太る原因といっても過言ではないと思います。

ではその脂質を取らなければいいのか!!!ははは!!!

そんな生活が出来ますか???無理かと思います。今の現代でお勧めするのは脂質を控えた食生活!この知識だけをしっかりインプットしておいてください。

またご飯を食べたいならお肉は控え昔の一汁一菜のような

ご飯とみそ汁とお魚とお漬物がおすすめです

日本人の糖質制限が合わないという説は昔の食生活が出来るならそれでもいいってことですね!!!

公式ページはこちらをクリック

おすすめの記事